【高齢者の方】歩くと膝が痛い原因と対策を紹介!

 

 

高齢になるにつれて、膝の痛みを訴える人の数は増えています。

 

座っているとなんともないのに、歩くと膝が痛いと言う人もとても多いです。

 

高齢者の膝の痛みはどのようなものがあるのでしょうか。

 

原因と対策について調べてみましょう。

 

 

●高齢者が歩くと膝が痛い原因

 

高齢になってくると体の機能はどうしても衰えてきますので、筋肉量や筋力も若い時と比べるとどんどん減ってきます。

 

体を支えている膝のまわりの筋肉量や筋力が減ると、関節にとても負担がかかってしまいます。

 

 

また、加齢とともに滑液も十分に分泌されなくなってきます。

 

滑液は関節をスムーズに動かすためにとても重要なもので、滑液の分泌が減ると関節が錆びてきてしまい、膝の痛みにつながってきます。

 

 

そして高齢者の膝の痛みのほとんどは、軟骨のすり減りが原因だともいわれています。

 

 

関節の軟骨がすり減ってしまうと、骨と骨が直接ふれあったり、すり減ったかけらで炎症を起こしたりして膝が痛むのです。

 

 

●高齢者にできる膝の痛み対策は?

 

では、膝の痛みをやわらげたり予防したりすることはできるのでしょうか。

 

高齢になると運動量も減ってしまいがちですが、実は運動で筋力アップする事が最も効果的な対策なのです。

 

かといって急に激しい運動をするのは逆効果で、かえって膝に負担をかけることになりますので注意しましょう。

 

 

自分の体と相談して、無理なくできるラジオ体操や軽いストレッチなどがよいでしょう。

 

高齢者の膝の痛みは太腿の前にある筋肉、大腿四頭筋の衰えが原因だといわれていますので、太腿の前を意識してきたえるとよいでしょう。

 

 

また水の中では膝への負担も減りますので、プールの中で歩いたり、筋トレするのも効果的です。

 

 

 

高齢者は、膝が痛くても年だからしょうがないと放置している人が多いようです。

 

しかしながら最初は軽い痛みでも、徐々に進行して歩けなくなるほどひどくなることもあります。

 

膝の痛みをあなどらず、自分のできる範囲で早めに改善しましょう。

 

 

早くつらい痛みから解放されたい方におすすめ!
芸能人も愛用!
今なら全額返金保証付きですよ。
↓↓詳細はこちら↓↓